顎関節症治療

顎関節症の治療についてTemporomandibular

大きく口を開けようとすると顎の関節が痛んだり、口をしっかり開閉できなくなってしまったり……。こうした症状にお悩みなら、「顎関節症(がくかんせつしょう)」の恐れがあります。大阪市中央区本町の歯科医院「オーラルケアステーション本町歯科」では、患者様から現在の顎の症状をくわしくヒアリングし、その内容に応じた治療を提案しています。顎関節に違和感を覚えたら、まずはお気軽にご相談ください。

顎関節症とは

顎関節症とは

顎は非常に複雑なつくりをしており、筋肉・関節・神経が集中している箇所です。誰かと会話をするときはもちろん、食事の際にも動き続けています。この顎の動きに関わる関節や筋肉に痛みが出たり、顎が動きにくくなったりという症状が出るのが「顎関節症」です。

特に若い女性に多いと言われ、発症すると顎を動かすことで痛みが出たり不快な音がしたり、口がほとんど開かなくなってしまったりします。さらに、顎関節症が続くことで顎の症状から全身のバランスを崩し、肩こりや頭痛といった問題が起こることもあるのです。

顎関節症の代表的な症状について

  • 食事や会話の際に顎がだるくなる。
  • 口を動かすと顎関節が痛む。
  • 口が開きにくい。
  • 口を開閉させると顎関節から不快な音がする。
  • 顎に違和感があり、食事中に痛みが出る。
  • 口が左右に動きにくい

顎関節症の原因

顎関節症の原因

さまざまな原因があり、①外傷(顔面の打撲,大あくび,固い物の無理な咀嚼,不適切な歯科治療など)、②習癖・習慣(睡眠中の歯ぎしりやくいしばり、日中の歯の接触癖,舌弄癖、楽器演奏など)、③精神的ストレス、④末梢からの痛みの中枢への入力(歯痛,智歯周囲炎,外耳道炎,肩こりなど),⑤かみ合わせの異常などが挙げられます。患者ごとに原因は異なります。

顎関節症発症の原因は単一ではないことが多くあり、しばしば複数の原因が重なり合うことで発症します。

当院が行っている治療法について

顎関節症の治療は、患者様の痛みを取り除き、日常生活の不自由を取り除くことを目的に行います。当院で行う治療法は、不可逆的な手術やかみ合わせの治療ではなく、障害に合わせて生活指導、薬物療法、理学療法、アプライアンス(マウスピース)療法などの可逆的な保存的治療法を組み合わせて実施します。

  • 生活指導

    生活指導

    なかでも生活指導はすべての患者様に行っています。顎の違和感や痛みは、日ごろの癖などからきていることが多々あり、この場合は患者様自身が癖を矯正していくことが必要であり、生活指導によりその手助けをします。また,口の開きにくい方には効果的な開口訓練法の指導も行います。

  • 外科治療

    外科治療

    本院は大阪大学歯学部付属病院と連携しており、癒着等により顎関節の異常が重度で、保存的治療法では改善できないと判断した場合は、同病院口腔外科に外科手術の依頼をさせていただきます。

  • スプリント治療

    スプリント治療

    「オーラルアプライアンス(スプリント)」という名前の特殊なマウスピースを使用して、顎関節や咀嚼筋への負担を減らしながら症状を改善していくこともあります。マウスピースは就寝時に使用し、歯ぎしりやくいしばりなどによる顎関節や筋肉への負担を軽減させます。

  • 咬み合わせの調整

    咬み合わせの調整

    通院は約3週間間隔で、通常は治療開始から3か月程度でほぼ症状は軽快します。まれではありますが、顎関節症が治ったあとに噛み合わせの不調(あごの位置が変わって上下の歯がうまくかみ合わなくなる)が起こることがあります。このような状態が継続する場合は食事をしにくくなりますので、かみ合わせを調整したり,かぶせ物をしたりしてよく物が噛めるようにする必要があります。その場合、通常よりも治療期間が長くなることになりますが、根気よく治療に通っていただければと思います。

Pick up Topics

医師からのメッセージ

顎関節症は単一の病気ではなく、大きく分けて顎関節だけに障害がある場合、筋肉(咀嚼筋)だけに障害がある場合、その両方に障害のある場合があるので、まず丁寧な診察と検査を行ってどこに障害があるのか正しく診断し、その診断に基づいて適切な治療法を選択することが大切です。どこにどのような障害があるのかによって適切な治療は異なります。ただ、ほとんどの場合手術は必要なく、保存的な治療法を実施することにより、治療の目標(痛みを取り、日常生活の不自由を除く)を達成することが可能です。多くの場合数か月で症状は改善していきますが、原因によってはもっと長い治療期間がかかってしまう場合もあります。たとえ時間がかかってしまっても、気を長く持って治療を継続していくことが大切です。

当院では、日本顎関節症学会の指導医・専門医の資格を有した歯科医師が顎関節症の治療にあたります。これまでに多くの症例を治療してきた実績があり、多くの知識と経験がありますので、顎関節症と思われる症状でお悩みの方は是非当院にご相談ください。

診療予約はこちら

たとえ同じ症状であっても、原因や適切な治療法は患者様一人ひとり異なります。当院では現在のトラブルやお悩みを解消するのはもちろん、将来的なお口の健康まで見据えた治療を行います。まずは現在のお口のお悩みや症状について、お気軽にご相談ください。

顎関節症の大まかな治療費

本院での顎関節症の診断・治療は40年を超える診療経験をもつ日本顎関節症学会の指導医・専門医が担当しますので基本的に自費診療となりますことをご理解ください。大まかな治療費は以下の通りです。

初診料(医療面接、臨床的診察、画像検査、診断料、説明を含む) 33,000円(税込)
再診料(生活指導、運動療法、認知行動療法、アプライアンス調整など) 8,800円(税込)
オーラルアプライアンス(スプリント)作製・装着料 実施した場合33,000円(税込)
咬合調整(1回約40分、通常3,4回) 実施した場合5,500円(税込)